<お役立ちメニュー>時折問題になっている敷金の使われ方

一時期テレビ番組でも討論された賃貸の敷金の使われ方ですが、これはガイドラインが存在しています。
どこまでが原状回復として敷金が使われるかを、一度確認しておくようにしましょう。

 

物件の契約時には、必ず敷金を支払うこととなりますが、これは家賃滞納の補填に使用されたり、退去をする時の修復費として利用されます。
家賃の滞納が続いたてしまった場合、敷金から補填され、本来は解約後は全額が返ってくるお金ですが、一般的には原状回復の資金として使用されます。
契約時に大家さんへ支払う礼金は、お礼の意味を持っていますので、後々戻ってくることはありません。
一般的には家賃の1〜2ヶ月分程度が相場となっていますが、値下げの一環として礼金不要としている物件も最近では増えてきました。 世の中のどんな業界にも悪質行為をしている業者があるもので、不動産業界でも同じように悪質な業者が存在しています。
とにかく大切なのは不動産屋の担当者が親身になって一緒に物件探しをしてくれるのかということになります。

aws セキュリティにおまかせ
http://cloudpack.jp/service/option/securitypack.html
aws セキュリティ



<お役立ちメニュー>時折問題になっている敷金の使われ方ブログ:20180802

お子様は出生から6歳までの間、
どうやって脳のシナプスを増やすのかというと、
「運動」と「お喋り」と「睡眠」とによってである。

お子様はとにかく体を動かしまくるものだが、
お子様が体を動かせば動かすほど、
脳のシナプスが増えていく。

お喋りもお子様の脳のシナプスを増やすことになるので、
母親はお子様から喋りかけられたら、
とにかく会話をすることが大切である。

お子様はお昼間活動しまくると、19時は熟睡をするもの。
お子様は睡眠中に脳のシナプスを増やしていく作業を行うので、
不眠症にかかるお子様など1人もいない。

お子様がこれら以外に
脳のシナプスを増やすものがあるのだが、
それはなんと「笑い」である。

育児をしてみれば解ることだが、
赤ちゃんは喋り出す前から笑うものだ。

笑うから脳のシナプスを増やすことができ、
言葉を話せることができるようになるのである。

実にお子様は、大人の30倍以上も笑っている。
それだけ大人が笑っていないとみるべきか、
お子様が笑い過ぎているのか、視点によって評価は異なるが、
大人は脳のシナプスが減少していく存在であるのに対して、
お子様は笑えば脳のシナプスを増やしていける立場にあるので、
どんどん笑った方がいいのだ。

そもそも第一子は笑いやすいようにできている。
母親が必死になって育児をしているために、
その姿がお子様にとっては
ユーモラスに見えてしまうからである。

「育児が大変だ」といって、
顔から笑いが消滅したような母親は、
お子様の脳の成長に大損害を与えているのであって、
お子様が笑ったら、
自分も笑ってストレスを発散させるべきである。