<お役立ちメニュー>世の中の動きによって賃料に変化がある

年中忙しいイメージのある不動産屋であすが、6〜8月は暇な時期であり、実際に物件探しをしている人が極端に少なくなります。
この時期に物件探しをすると大家さんの立場からすると、多少家賃を下げてでも、入居者を見つけたいということがあるので家賃交渉をしやすくなります。

 

もしも自分の理想通りの賃貸物件を探しているのでしたら、春先には多くの人が物件探しをしていますので、避けるようにしてください。
また、借り手が多くなっていることから家賃も高めに設定されてしまう場合もあり、家賃交渉にも応じない大家さんが多いようです。
どんなビジネスにも繁忙期と閑散期があり、これは不動産業界でも同様のことです。
当然のことながら入学や就職の準備があるために、年明け〜3月頃までが不動産会社にとっては繁忙期となります。 賃貸物件探しで最も大切なことが、情報収集をすることと、自分の条件を優先順位を付けてメモをしておくことです。
優先順位の中でも絶対に譲ることの出来ない条件を把握しておき、下位から消していくようにしましょう。

フコイダンはここへ
http://lmf-assoc.jp/
フコイダン



<お役立ちメニュー>世の中の動きによって賃料に変化があるブログ:20180730

お子様は遊びながらも結構頭を使っている。
そのためお子様は元気そうに見えても、
脳が疲労を起こしているということも有り得る。

肉体が健康な筈なのに、
どうも元気がないなと思うなら、
脳の疲労を疑った方が良い。

脳の疲労を取り除くためには、
グルテンが含まれている
薄力小麦粉を使うのがおすすめ!

なので、 
母もたまには、
小麦粉でおやつを作ってみよう!

母が小麦粉からおやつを作って見せると、
お子様たちは魔法を使ったとしか思えなくなるので、
母の権威が非常に高まることに…

母がお子様たちにこの魔法を見せずに、
お店でおやつを買って来てしまうからこそ、
お子様たちは母を馬鹿にするようになるのである。

ただし、
精白小麦粉は
長期にわたって使い続けると
視力の低下などの被害が出て来る…

かといって全粒小麦を使うと、
それほど美味しくならないので、
全粒小麦を使った場合、
それを美味しくする工夫が必要。

お子様が大きくなってきたら
おやつ作りを手伝わせて、
料理の仕方を覚えさせよう!

食べる事作りの手伝いをさせると、
母にとってお子様は非常に邪魔で、役に立たない…

それよりもおやつ作りで
料理の基本的なことを覚えさせていけば、
その内、正規の食べる事の調理でも使えるようになる。

おやつはできることなら与えない方がいい。
…が、お子様たちがおやつを要求して来ることもまた事実であり、
その要求に対してきちんと答えてあげる必要性もある。

しかし、
間違ったおやつを日々与えれていれば、
お子様は病気になるし、家計だって圧迫されかねない…

おやつ問題は些細な問題かもしれないが、
父母にとっては、
決して見過ごすことができない問題なのである。