<お役立ちメニュー>世の中の動きによって賃料に変化がある

年中忙しいイメージのある不動産屋であすが、6〜8月は暇な時期であり、実際に物件探しをしている人が極端に少なくなります。
この時期に物件探しをすると大家さんの立場からすると、多少家賃を下げてでも、入居者を見つけたいということがあるので家賃交渉をしやすくなります。

 

もしも自分の理想通りの賃貸物件を探しているのでしたら、春先には多くの人が物件探しをしていますので、避けるようにしてください。
また、借り手が多くなっていることから家賃も高めに設定されてしまう場合もあり、家賃交渉にも応じない大家さんが多いようです。
どんなビジネスにも繁忙期と閑散期があり、これは不動産業界でも同様のことです。
当然のことながら入学や就職の準備があるために、年明け〜3月頃までが不動産会社にとっては繁忙期となります。 賃貸物件探しで最も大切なことが、情報収集をすることと、自分の条件を優先順位を付けてメモをしておくことです。
優先順位の中でも絶対に譲ることの出来ない条件を把握しておき、下位から消していくようにしましょう。

フコイダンはここへ
http://lmf-assoc.jp/
フコイダン



<お役立ちメニュー>世の中の動きによって賃料に変化があるブログ:20190507

皆様は、
ファスティング減量という減量法を
耳にしたことはあるでしょうか?

ファスティング減量というのは、
野菜や果物のジュースだけを飲みながら減量するというもので、
流行したりんご減量や、
朝バナナ減量と同じようなものです。

こうした方法って、体重が減るのは早いのですが、
その分リバウンドを起こしたり、からだを壊したり、肌がカサつくなど、
リスクが高いんですよね。

このような減量法は、
単に体重を落とすだけですので、肌のつやが失われ、
美しいプロポーションになるというよりも、やつれた状態になり、
からだへの負担も高くなります。

食べないことで減量するのは安直過ぎますし、
数年後には健康に大きな問題が起こりますよ。

減量にふさわしいご飯とは、
やはり野菜中心で、1食あたりに、
手の平ほどのサイズのタンパク質と、脂質を摂る必要があるそうです。

正しい減量には、タンパク質や脂質などの、
普通減量時には摂取するのを避けたいと思う食品が、
逆に健やかにボディサイズを減らすポイントになるのです。

しかし、ただ野菜を摂れば良いのではなく、
野菜の摂り方にも工夫が必要です。

野菜はビタミン類と食物繊維の宝庫ですが、
野菜スティックで食べるにしてもドレッシングの質が問題ですし、
野菜スティックだけでは食物繊維が十分に摂りにくいのです。

野菜は、生で食べることで得られる栄養もありますが、
加熱しなければ吸収されにくい栄養素もあります。

大きな野菜スティックボール一杯の野菜スティックより、
一鉢のきんぴらごぼうのほうが栄養は遥かに摂れるんですよね!