<お役立ちメニュー>世の中の動きによって賃料に変化がある

年中忙しいイメージのある不動産屋であすが、6〜8月は暇な時期であり、実際に物件探しをしている人が極端に少なくなります。
この時期に物件探しをすると大家さんの立場からすると、多少家賃を下げてでも、入居者を見つけたいということがあるので家賃交渉をしやすくなります。

 

もしも自分の理想通りの賃貸物件を探しているのでしたら、春先には多くの人が物件探しをしていますので、避けるようにしてください。
また、借り手が多くなっていることから家賃も高めに設定されてしまう場合もあり、家賃交渉にも応じない大家さんが多いようです。
どんなビジネスにも繁忙期と閑散期があり、これは不動産業界でも同様のことです。
当然のことながら入学や就職の準備があるために、年明け〜3月頃までが不動産会社にとっては繁忙期となります。 賃貸物件探しで最も大切なことが、情報収集をすることと、自分の条件を優先順位を付けてメモをしておくことです。
優先順位の中でも絶対に譲ることの出来ない条件を把握しておき、下位から消していくようにしましょう。

フコイダンはここへ
http://lmf-assoc.jp/
フコイダン



<お役立ちメニュー>世の中の動きによって賃料に変化があるブログ:20180620

オレの結婚生活も、
まもなく1年が経とうとしています。

いやぁ〜思い出しますね。
家内の父母に挨拶行ったときのことを…

オレのイメージでは…

あちらの母が和室に通してくれて、
少しすると、小ぎれいにした父親が
登場するって感じだったんですよね。

お茶を出されて、
その父親とぎこちない話が数分行われた後に、
沈黙になってしまって、
耐え切れなくなって切り出す…

「娘さんを、ぼくに下さい!!」

…またもや沈黙の後。
コクリとうなづく父親…

みたいなことを考えていました。

そして、
オレにとっての「その時」は、
昨年の正月でした。

オレが家内の実家に訪れると、
親戚がたくさん来られていました。
正月の賑わっているときですもんね。

今までバタバタと走り回っていた、
甥っ子や姪っ子たちも、
「そっちの部屋にいっちゃダメよ!」って感じで、
別の部屋に連れていかれ…

家内の父親とオレの二人にされてしまいました。

そこでは、本当に他愛もない話しかできないし、
上の空だから、今でも何を話したか覚えていません。

案の定、二人とも話すこともなくなって、
沈黙に…

そして、ついに「その時」が来ました。
座っていた座布団から、飛び降り…

「お義父さん、娘さんと一緒にさせて下さい!一生大事にします!!」
と言って、頭を下げました。

家内の父親さんは、
コクリとうなづくわけではなかったですが、
「なにもできない娘だけど、こちらこそよろしく頼むわな。」
と、優しく微笑んでくれました。

このとき、
なんとも言えない安堵を感じたことは、
今でも鮮明に覚えています。