<お役立ちメニュー>世の中の動きによって賃料に変化がある

年中忙しいイメージのある不動産屋であすが、6〜8月は暇な時期であり、実際に物件探しをしている人が極端に少なくなります。
この時期に物件探しをすると大家さんの立場からすると、多少家賃を下げてでも、入居者を見つけたいということがあるので家賃交渉をしやすくなります。

 

もしも自分の理想通りの賃貸物件を探しているのでしたら、春先には多くの人が物件探しをしていますので、避けるようにしてください。
また、借り手が多くなっていることから家賃も高めに設定されてしまう場合もあり、家賃交渉にも応じない大家さんが多いようです。
どんなビジネスにも繁忙期と閑散期があり、これは不動産業界でも同様のことです。
当然のことながら入学や就職の準備があるために、年明け〜3月頃までが不動産会社にとっては繁忙期となります。 賃貸物件探しで最も大切なことが、情報収集をすることと、自分の条件を優先順位を付けてメモをしておくことです。
優先順位の中でも絶対に譲ることの出来ない条件を把握しておき、下位から消していくようにしましょう。

フコイダンはここへ
http://lmf-assoc.jp/
フコイダン



<お役立ちメニュー>世の中の動きによって賃料に変化があるブログ:20190213

「ライスを食べると太る」
そう思っていらっしゃる方って多いですよね。
皆様はどうですか?

でも、それは大きな間違いみたいです。
「ライスを食べないから太る」
というのが正解みたいなんです。

「ライスは太るから食べない」という間違った認識が
多くの日本人のダイエットを失敗させているようなんです。
ライスって、理想的なダイエット食品なんですって!

では、どうして
ライスが理想のダイエット食品なのかというと…

まず、低脂肪で低カロリー。
ライスは100g中に脂肪を0.5gしか含みません。
カロリーも168kcalと低いのです。

そして、
ライスを食べると、ごデンプン質(糖質)を消化するため、
インシュリンがすい臓から分泌されます。

インシュリンは血糖値が上昇し過ぎないよう調節する役割がありますが、
同時に脂肪の取り込みを促進する働きも持っています。

ところが、
ライスはインシュリンの分泌がゆるやかで、
太りにくいのです。
菓子パンやうどんはインシュリンの分泌が多く、
ライスよりも太りやすいそうです。

また、ライスの主成分は炭水化物で、
およそ全体の3/4を占めます。

ライスの炭水化物は
アミロースとアミロペクチンという2種類から成り、
そのバランスがライスの味の良し悪しを決めると言われています。
ちなみに、アミロースが20%弱のものがおいしいようです(コシヒカリやササニシキがこのバランス)。

このアミロースが難消化性であり、
糖として吸収されずに、食物繊維のような働きをするんですよ!
これは、まさにダイエットにもってこいですよね!